「伝統芸能・踊り」に該当する祭り一覧

スポンサードリンク

伝統芸能・踊りに関するお祭り 1〜 20件(全253件)

大日堂舞楽
11種類の舞が古式ゆかしく奉納されます。
[日程:01/02〜01/02] [場所:秋田 ]
鳳来寺田楽
神の霊魂を村の田にいただいて、その年の豊作を予祝します。
[日程:01/03〜01/03] [場所:愛知 ]
二十日夜祭
800年余の伝統に培われた舞が、夜中まで次々に披露されます。
[日程:01/20〜01/20] [場所:岩手 ]
大江幸若舞
五穀豊穣を祈願し、舞が奉納されます。
[日程:01/20〜01/20] [場所:福岡 ]
春日神社 王祇祭
郷土芸能の粋といわれる黒川能が奉納上演されます。
[日程:02/01〜02/02] [場所:山形 ]
文弥まつり
今は日本にわずか4カ所にのみ伝え残る。およそ300年の歴史をもつ文弥人形浄瑠璃「でくの舞」。毎年厳冬の2月、第2・3土・日曜の4日間、「文弥まつり」として演じ続けられている。
[日程:02/11〜02/19] [場所:石川 ]
黒森歌舞伎
「黒森歌舞伎」が、厳寒の社殿で、毎年2月に奉納されています。
[日程:02/17〜02/17] [場所:山形 ]
いの大国様春大祭
古くから伝えられている福俵を手に、福をいただきその年の幸せを祈願するお祭りです。
[日程:02/19〜02/19] [場所:高知 ]
関本神社の太々神楽
太々神楽は高千穂系で十二神楽と言われ、享保年間より200年の歴史があり途絶えることなく続いています。
[日程:03/03〜03/03] [場所:茨城 ]
川野の車人形
川野の車人形の歴史は相当古く、約150年前から受け継がれている芸能です。
[日程:03/05〜03/05] [場所:東京 ]
初午祭(児原稲荷神社)
児原稲荷神社にて、家内安全、商売繁盛を祈願し、神楽が行われます。
[日程:03/06〜03/06] [場所:宮崎 ]
芸能上達祈願祭
祈願祭茂山忠三郎社中による奉納狂言が行われ、本尊虚空蔵菩薩は芸能守護として信仰を集めています。
[日程:03/10〜03/10] [場所:京都 ]
早池峰神社蘇民祭
厄除け無病息災、五穀豊穣を願い、裸の男たちが雪の境内で蘇民袋を奮い合う勇壮な祭りです。
[日程:03/17〜03/17] [場所:岩手 ]
延年祭(浦嶋神社)
長寿・五穀豊穣・豊漁・商売繁盛・諸業繁栄・家内安全・延命息災・招福を祈願する延年祭は、別名「福棒祭」ともいわれ、くじで「福棒」を引き当てた人は願いが叶うとされています。
[日程:03/17〜03/17] [場所:京都 ]
早春芸能フェスティバル
地元芸能の発掘、育成の機会として、行われています。
[日程:03/18〜03/18] [場所:秋田 ]
真桑人形浄瑠璃奉納上演
三味線の音色にあわせて操られる人形の姿に、見物客は引き込まれる
[日程:03/20〜03/21] [場所:岐阜 ]
末杜瀧神社春祭(耳の神様)
例祭の後、神楽奉納が行われます。
[日程:03/21〜03/21] [場所:宮崎 ]
祈年祭
「黒川能」は、全国的に有名で、春日神社の神事能として氏子たちの手によって、500年以上もの間守り伝えられてきたものです。
[日程:03/23〜03/23] [場所:山形 ]
奥の細道矢立初めの俳句大会
素盞雄神社ご鎮座千二百年を記念し、俳聖芭蕉の偉業を称え、郷土の歴史の継承と俳句文化の興隆を願い開催しています。
[日程:03/26〜03/26] [場所:東京 ]
御神楽大祭
鎌数伊勢大神宮は、江戸時代の寛文年間(1661?1673年)、この周辺に広がり「椿の海」と呼ばれた湖の干拓後、三重の伊勢神宮から勧請された由緒ある神社です。
[日程:03/27〜03/28] [場所:千葉 ]