城端曳山祭(富山)

MENU
スポンサードリンク

城端曳山祭

「城端曳山祭」とは

城端曳山祭1

越中城端曳き山祭りは、城端神明宮の祭礼に供奉して、今から約三百年前、貞亨年間から行われています。 現在の山車や庵屋台は亨保年間後のもので、加賀藩の特別待遇を受けていた郷土の大工左平治、左右衛門、塗師治五衛門、唐津屋和助など名工と言われた人たちの魂誓こめて作られたものです。

「城端曳山祭」の見どころ

山車6本はいずれも金泊や多彩な城端塗の粋をつくした、絢爛豪華な屋台式二層の人形山で、それぞれに庵屋台が囃しながら随行して街を練り廻ります。

開催概要

※日程などに誤りがある場合がございます。必ず公式の情報をお確かめください。

日程 05/04〜05/05
場所 富山県南砺市城端1668 城端神明宮、町内一帯
連絡先 南砺市城端観光協会
00763-62-1821
指定文化財 国指定重要無形民族文化財
公式サイト 城端町観光協会
http://www1.tst.ne.jp/johana-k/
>修正・写真掲載依頼などはこちら