庄川厄払い鯉の放流(富山)

MENU
スポンサードリンク

庄川厄払い鯉の放流

「庄川厄払い鯉の放流」とは

この奇祭は、1816(文化13)年3月26日に行われました金屋神明宮の遷宮祭に、昔から「神の化身、庄川の主」とされていた鯉を神饌として供えた際、長時間の神事が終了してもまだ鯉が生きていたことから、この鯉の生命力にあやかるとともに身の厄を託し、御神酒を飲ませて庄川に放流したのが起源とされています。

「庄川厄払い鯉の放流」の見どころ

明治の初めごろより神事を1月7日に変更しましたが、今日にいたるまで、厄年にあたる老若男女(男性は、数え年7、13、25、42、61歳、女性は、数え年7、13、19、33、61歳)が「長寿」「学業成就」などを願い、御神酒を与えられた鯉に一人ひとりが手を触れ、庄川へ放流いたしております。

開催概要

※日程などに誤りがある場合がございます。必ず公式の情報をお確かめください。

日程 01/07
場所 富山県砺波市庄川町金屋1550 水記念公園 厄払い鯉の放流場
連絡先 庄川峡観光協同組合
0763-82-1155
公式サイト 厄払い鯉の放流
http://www.city.tonami.toyama.jp/kanko/event/yakubarai/yakubarai.html
>修正・写真掲載依頼などはこちら