大門曳山まつり(富山)

MENU
スポンサードリンク

大門曳山まつり

「大門曳山まつり」とは

越中大門曳山まつりの写真1

毎年10月の第2日曜日、秋の五穀豊穣を祈願して行われる祭りで、西町、中町、田町、枇杷首(びわくび)の4基の曳山が町内を練り回ります。 明治初期に造られた曳山は、同じく県西部にある高岡市の御車山(みくるまやま)にならったといわれ、昼は花笠を飾った美しい花山、夜は優雅さ漂う堤灯(ちょうちん)山と、趣きをかえて町内を曳き回されます。

「大門曳山まつり」の見どころ

昼(午前中)は、4基揃って枇杷首神社へ向かう途中、曳山用に広く作られた人道橋を渡る壮観な眺め。 夜は提灯山となり、田町広場や旧中町交差点付近で勢い良く回る様子は見ごたえ十分。

開催概要

※日程などに誤りがある場合がございます。必ず公式の情報をお確かめください。

日程 10/09
場所 富山県射水市大門新
連絡先 大門町商工会
0766-52-3510
指定文化財 射水市指定民俗文化財
公式サイト 射水市公式観光サイト[きららか射水観光NAVI]
http://www.imizu-kanko.jp/www/index.jsp
>修正・写真掲載依頼などはこちら