世田谷ボロ市(東京)

MENU
スポンサードリンク

世田谷ボロ市

「世田谷ボロ市」とは

1578年に小田原城主,北条氏政が楽市を開いたのが始まりです。 世田谷を代表する伝統行事として、400年以上の歴史を有しています。 最初は古着や古道具など農産物等を持ち寄ったことから「ボロ市」という名前がついたとされていますが、現在では骨董品、日用雑貨、古本や中古ゲームソフトを売る露天もあり、代官屋敷のあるボロ市通りを中心に、約700店の露天が並び、多くの人々で賑います。 毎年1月の15、16日、12月の15、16日に開催されます。

「世田谷ボロ市」の見どころ

代官餅は、あんこ、きなこ、からみの3種類で、ボロ市の時だけ食べられます。

開催概要

※日程などに誤りがある場合がございます。必ず公式の情報をお確かめください。

日程 12/15〜12/16
場所 東京都世田谷区世田谷 ボロ市通り、世田谷通りの一部、上町・世田谷駅周辺
連絡先 世田谷総合支所
03-5432-1111
公式サイト 世田谷区 世田谷のボロ市
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00006117.html
>修正・写真掲載依頼などはこちら