真和四條流庖丁儀式(鹿児島)

MENU
スポンサードリンク

真和四條流庖丁儀式

「真和四條流庖丁儀式」とは

平安朝時代から伝わる四條流庖丁儀式。第58代光孝天皇により再考された宮中儀式の一つで、四條中納言藤原朝臣山陰公の庖丁にはじまるとされます。無形文化財にも指定されています。 かなり高額な参加費がかかりますので注意して下さい。

「真和四條流庖丁儀式」の見どころ

古くから伝わる鳥類、魚類の切り方が見どころ。

開催概要

※日程などに誤りがある場合がございます。必ず公式の情報をお確かめください。

日程 05/29
場所 鹿児島県鹿児島市古里町1076-1 ふるさと観光ホテル
連絡先
0
指定文化財 無形文化財
>修正・写真掲載依頼などはこちら