百石踊り(兵庫)

MENU
スポンサードリンク

百石踊り

「百石踊り」とは

文亀3(1503)年の渇水時、手天台宗の旅僧元信により参籠された雨乞を奉納以来、約500年近い歴史をもつ雨乞い行事です。当時、奉納後大雨が3日間降り続いたといわれています。また、その踊りを1回奉納するために米百石が必要だったために「百石踊り」と呼ばれているとの事です。 毎年11月23日の新嘗祭に奉納されます。

開催概要

※日程などに誤りがある場合がございます。必ず公式の情報をお確かめください。

日程 11/23
場所 兵庫県三田市上本庄1221 駒宇佐八幡神社
連絡先 さんだ観光案内所
079-563-0039
指定文化財 兵庫県指定重要文化財
>修正・写真掲載依頼などはこちら