あえのこと(石川)

MENU
スポンサードリンク

あえのこと

「あえのこと」とは

奥能登の農家で行われる田の神祭りで、「あえ」は饗応、「こと」は祭りを意味する語だという。 その儀礼の細部は、家によって異なるが、いずれも家の当主みずからの采配によって営まれるのである。 通常は、12月5日に苗代田から田の神を迎えて、座敷の神座(種籾俵)に案内し、入浴していただいてからお膳を勧める。お膳には小豆飯やハチメ魚などをつけ、御馳走の品目一々説明し、目に見えない神を実際いますがごとく接待して、豊作に感謝する。お膳をさげてから家族一同が楽しく食事をする。 田の神は、そのまま家で越年すると信じられ、2月9日には再び12月と同様の儀礼をして豊年を祈り、田の神を送る。 同様な行事は珠洲市、輪島市にも伝わる。

「あえのこと」の見どころ

民間における新嘗祭や祈年祭の原初的形態をしのばせる素朴な行事として注目される。稲作農耕に従事してきた日本人の基盤的生活の特色を典型的に伝えた民俗として重要である。

開催概要

※日程などに誤りがある場合がございます。必ず公式の情報をお確かめください。

日程 02/09
場所 石川県鳳珠郡能登町上町 柳田植物公園内合鹿庵
連絡先 能登町商工観光課
0768-72-2505
指定文化財 国指定重要無形民俗文化財
公式サイト 石川県ホームページ
http://www.pref.ishikawa.jp/
>修正・写真掲載依頼などはこちら